HOME>Utility>廃車と買取について検討しよう【スクラップ寸前の車も無料引き取り】

廃車したいのであれば

車を廃車は実は自分で手続きすることも可能で自分で行うと手数料は無料です。ところが完全に廃車にする永久抹消登録をする場合には車をスクラップする必要などさまざまな作業が発生するため業者への依頼が一般的です。

廃車と下取りの違い

車を抹消させる手続きを行う廃車

廃車の方法は2種類あります。解体した車の登録を抹消させる方法と一時的に抹消させる方法です。

新しい車の資金の一部になる下取り

下取りは新しい車を購入するときに、今使っている車を購入する業者に買い取ってもらって新しい車の購入費用に充てます。

廃車と買取について検討しよう【スクラップ寸前の車も無料引き取り】

車の模型とお金

廃車買取業者について

廃車買取業者はディーラーや中古車買取業者と違って、解体するしかない車でも引き取ってくれます。スクラップするためのさまざまな費用をほとんどゼロにしてくるだけでなく、手続きを代わりに行ってくれます。さらには車種や車の状態によってプラスの利益が発生するケースもあります。廃車するしかない車を買取業者どうするかが気になりますが、実は日本車は丈夫ということもあり海外に輸出したり、解体してパーツを取り出して販売したりとさまざまな再利用を行っています。

査定時に気をつけておきたいこと

車

必要書類は揃えておきましょう

査定には車だけでなく、車検証や自賠責保険証書が必要です。揃っていれば査定をすぐに受けることが可能です。車検証と自賠責保険証書は車の中に入れておく書類ですので、とくに問題はありませんが日頃から見る書類ということはないため、本当に車内にあるか査定前に確認しておきましょう。

車内・車外の掃除をしておきましょう

汚い車は日頃から掃除をしていないという印象だけでなく、整備もしっかり行っていないのではというイメージを査定業者に持たれてしまいます。

純正に近い状態に戻しましょう

アルミホイールやカーオーディオなど社外品を取り付けている場合には純正品に戻しましょう。実は査定は純正品のほうが車の買取価格がアップする可能性があります。

ボディやガラスに自分で貼ったステッカーは取り外しましょう

社外品を純正品に戻すのと同様に、購入時の状態に車を戻すためにもボディやガラスに自分で貼ったステッカーは取り外しましょう。外装やガラスを購入時の状態に戻さないと査定がマイナスになってしまいます。

キズや凹みは状況で対応しましょう

キズや凹みなどはなければ査定がアップすることは間違いありません。ただし、折角査定がアップしても修理費用が嵩んでしまっては意味がありません。金額によってはキズや凹みはそのままで査定に出してみましょう。